有名人に成りたいあなたへアドバイス!最低限この知識は身に付けておこう!内容は?

期待性と意外性のバランスとは

有名人の方は、多くの方に対して何かしらの欲求に答えてあげなげればなりませんよね。期待している内容に答える事によって、欲求が満たされる快感が多くの人を集める事が出来ると言えるでしょう。例えば、聞きたい曲名の歌を聞かせてあげる事もその一つです。ただし、同じ内容ばかり行なっていては、飽きられてしまう可能性もありますよね。人は、同じ刺激を受け続けると精神が崩壊してしまう事もありますよ。例えば、同じCMばかり見続けてると気分が悪くなって来るのと同じ様な姿です。ここで大切な事は、意外性のある内容を提供する事で、新しい変化が快感を作り出す事もありますよ。ただし、変化ばかりでは、有名人の特徴を掴めなくなって人々が離れて行ってしまう可能性があります。つまり、期待性と意外性のバランスが大切であり、必ず身に付ける事が重要と言えるでしょう。

ペルソナと呼ばれる仮面を付ける強い精神力

テレビなどで活躍する有名人の多くは、何かしらの事務所に所属している事が一般的ですよね。その事務所の多くは、有名人を商品として扱い、需要に対して提供できる様に磨き上げていますよ。声優さんで言えば、分かり易い内容の一つに悪役の役割をしている時に、実際に多くの方から批判や嫌がらせを受けて来た人がいます。その人の性格では無く、役柄が様々な人から批判を受ける可能性がありますよね。この様なペルソナと呼ばれる仮面を付けるためには、強い精神力を必要としますよ。有名人に成りたい方の多くは、万人に愛されたい思いを強く持ち易くなりますが、人には好き嫌いがある事を常に頭の片隅に入れておく事も大切と言えるでしょう。

共感と言う架け橋が大切

有名人の多くは、自分自身の心と人々の心に関心をある内容を共振させ、その共振から共感と言う力を作り出している物ですよね。敢えて言えば、これは目に見えない橋を架けている姿と言えます。有名人になると天狗になり、橋をかける事を忘れてしまう可能性があるため注意が必要と言えるでしょう。有名人ではありませんが、飲食店などのサービス業は、お客様に橋をかけて良いサービスの提供を心がけていますよね。この様なお店でアルバイトなどを行ない、共感に関わるノウハウを身に付けいく事も大切です。人が手に出せないほどの大きな山となるのでは無く、登山で楽しめる様な山となる思いも大切と言えるでしょう。

山本英俊はパチンコ機器卸会社の代表取締役会長を務めています。その一方で、競走馬の馬主としても有名です。タレントをしている長女がいます。