EMC試験とは?実は私たちの生活に必要不可欠な耐性試験

そもそもEMC試験とは?

皆さん、EMC試験(イーエムシー試験)という言葉をご存知でしょうか。聞きなれない言葉ですよね。EMC試験とは「Electro-Magnetic Compatibility」の頭文字を取ったもので日本語にすると電磁両立性試験のことを言い、製造業界で使われる耐性試験のことを指します。これだけ聞くとなんのことだがさっぱりわかりませんが、実は私たちが生活する上で必須の家電製品などには、欠かすことのできない大切な試験のことなんです。

EMC試験は何に対して行われる?

パソコンやラジオなどの電気機器や電子機器を使用すると、電磁波が発生します。また、外部からも目に見えない電磁波が飛んできたりします。皆さんもラジオが突然ザーザーとノイズ音に変わってしまって困ったという経験はありませんか。これは何らかの電磁波がラジオを妨害しているから起こる現象なのです。EMC試験はパソコンなどの電気機器や電子機器が機能や動作が、内外の電磁波に阻害されないかをチェックする試験なのです。EMC試験には2種類あり、エミッション試験とイミュニティ試験に分けられます。

EMC試験のエミッション試験とイミュニティ試験

EMC試験の内の一つ、エミッション試験はパソコンなどの製品それ自体から発生する妨害電磁波を測定するもので、一方のイミュニティ試験は自然現象、例えば太陽や雨といったものから発生する妨害電磁波を測定するものです。電磁波は眼に見えないものですが、人体に影響を及ぼすレベルの電磁波というものものあるので実は製品を作る上で大変重要な測定試験なんです。EMC試験のような試験をしっかりクリアした製品を使用できることによって私たちは快適な生活を送れているんですよ。専門業界の用語は難しいですが、身近なことだからこそ理解しておきたいものですね。

EMC試験は電気機器などが外部からの妨害電磁波に対して、その機能の動作が阻害されていないかを測定する試験の事を言います。